ブログ|流山市東初石・おおたかの森の歯医者|ここなつ歯科

  • アーカイブ

  • カテゴリー

手づかみ食べをさせてますか?

2020年6月1日

こんにちは。ここなつ歯科です。

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言も全国で解除になり、少しずつ皆さんも以前の生活を取り戻し始めているかと思います。前の生活に完全に戻るにはまだまだかかりそうですね。

今朝は、小学生の通学姿を久しぶりに見ることが出来ました。幼稚園、保育園も通園が始まっているようです。今年の4月から入園したお子さんも多いかと思います。特に保育園での1歳や2歳のお子さんは、家とは違う場所での生活がはじまりお父さん、お母さんも心配していることでしょう。この時期に良く聞く話があります。

2歳の子。初めての保育園でのお昼。お昼ご飯が出て来て周りの子がご飯を食べ始めると、その子だけ泣いてしまいました。さて、なんで泣いているのでしょう。嫌いな物があったから?お母さんがいなくて寂しいから?いつもと味が違うから?もちろんそのような事もあるかと思いますが、この子は違います。

それは、ご飯の食べ方が分からなかったからなのです。

いつも家ではお母さんが、口に入る大きさにしてスプーンで口まで運び食べさせてくれていました。そう、この子は自分で食べた経験が無かったのです。

お子さんの為と思って、食べやすい温度にし、小さく切ってあげることが愛情だと思っているお母さんも多いかと思いますが、それでは食べる意欲が育ちません。

まずは手づかみで食べさせましょう。テーブル、洋服、周りが汚れるかもしれません。でも手づかみ食べは子供の発育にとても重要です。手で温度を確認し、食べるために指先を使い、口まで運ぶ。手の発育にも大きくかかわります。いきなりスプーン、フォークでは無く、手づかみ食べの期間もしっかり取りましょう。そして口に入りきらない物は前歯でかみ切るのです。この行為も出来ないお子さんが増えてきています。すべてを細かく食べやすくするのでは無く、歯でかみ切ることも大切です。

欲を言えば、食事中の飲み物にも注意しましょう。お茶や水があると口の中に食べ物が入っていても、よく噛まずに飲み物で一緒に飲み込んでしまいます。食事中の水分はお味噌汁やおつゆで十分です。

大きい物をかみ切り、水分で飲み込まずよく噛むことは歯並びにも影響します。

皆さんの生活にも取り入れてみましょう。

歯の治療の痛み

2020年5月11日

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の延長により、皆さんも日々、感染予防には努力されていることと思います。不要不急の外出は引き続き、みんなで控えていきましょう。

当院でも新型コロナウィルスによる感染予防対策として診療当日、来院時に「体調確認」「検温」「手指消毒」「治療前の洗口剤によるうがい」などを行っております。お手数をおかけしますがご協力お願い致します。

治療中も、フェイスシールドの着用、必要があれば防護服の着用、口腔外バキュームの使用、院内の換気、皆さんが触れる場所の消毒などにも、他院同様に力を入れております。

不要不急の外出だからと、お口の中の気になることを放置せず、まずはかかりつけの先生に相談し、その後、今すぐ治療が必要なのか、今は先延ばしにしても大丈夫なのか判断してもらいましょう。歯科の治療は、医療行為です。放置してあとで後悔しないようにしましょう。

さて、今回は「歯の治療の痛み」につてお話していきます。

歯の治療が嫌いな方っておおいですよね。

私も小さい頃から歯の治療はあまり好きではありませんでした。歯の治療が嫌いになる原因は様々ですが、1番は痛みだと思います。他の理由としては『音』、あの独特な「キーン」という大きな音、『消毒液の匂い』、『麻酔のビリビリ感』、『お水が口の中にたまり息が出来ない』、『オェッとなる感覚』、『ガリガリと頭に響く様な歯石除去』など本当にいろいろな理由があると思います。

ここなつ歯科ではそんな苦手を少しでも無くすよう、初診時に歯科の治療で苦手な事を聞いています。例えば、麻酔が苦手な方には電動の注射器を使用し痛みが少なく、麻酔の量を適正にし治療時には麻酔がしっかりと効き、治療後はなるべく早く醒めるように調整しています。削る時の音が苦手と言う方には一般的なタービンと言う機械に比べ音が小さくガタガタも少ない倍速エンジンという機械を使用し侵襲を少なくしています。水が溜まるのが苦手と言う方には常に水を吸い続ける細い管の様な器具を口の中に入れ、そもそも水を溜めないようにします。その他患者さんの苦手を少しでも減らす努力をしています。

歯の治療は痛くて辛いと思われる方も多いですが、少しの工夫で改善できる事も多くあります。

心配な方はどうぞご相談ください。納得のいく治療方法が見つかるまでじっくりとカウンセリングいたします。

歯科医師も患者さんも納得できる治療をしていきましょう。

家でのセルフケアと定期的なプロのお掃除

2020年4月19日

コロナウィルスによる緊急事態宣言が出ている中、歯科での定期健診や歯のクリーニングといった治療が受けられない方も多いかと思います。当院でも感染予防対策として口腔衛生管理など予防的な処置は予約を先延ばしにさせていただいております。

歯科医院に人が集まること、治療による削りかすなどの空気中への飛散などからの感染を出来るだけなくすための対応です。当院の患者さんもご理解、ご協力いただきありがとうございます。そして、その他の皆様もかかりつけの医院での対策で、そのような処置が受けられない方もいらっしゃると思います。

そこでまずは家でのセルフケア(歯磨き)をしっかり行いましょう。ステイホーム、歯を磨く時間は、あるはずです。歯ブラシだけでは無く、時にはデンタルフロス、歯間ブラシなどの補助器具を使い時間をかけてケアしましょう。

では、しっかり磨いていればプロのお掃除は必要無いのでしょうか?やはり毎日同じ事を繰り返ししていると、それぞれの磨き癖が出てきます。いつも歯ブラシが当たっていない場所、また歯石なども付いてきます。歯石となってしまった物は自分で取ることは出来ません。

家の床や車のボディーなど、年に数回ご自分でワックスがけをすることがあると思います。ワックスを掛けることで表面がつるつるになり、ちょっとした汚れはサッと拭き取ることが出来るようになります。 会社のフローリングなどプロの業者さんが掃除、ワックスがけをした後は、自分たちで行ういつもの清掃とはまた違う輝きが出ますよね。

歯も同じ事がいえます。自分で一生懸命磨いていても、少しずつ歯ブラシでは取れない汚れが付いてきます。たばこのヤニ、茶渋、コーヒーやワイン、カレーなど、着色が付いてくると表面はざらざらになってきます。ざらざらになるとさらに汚れが付きやすくなり、そこから虫歯や歯周病が進んでいきます。そこで歯も年に数回、プロにお掃除してもらうことをお勧めします。

自分では取れない汚れを取ることができ、最後は歯を磨き上げていきます(PMTC)。これにより歯もつるつるになり、ご自分の歯ブラシでも簡単に汚れを落とすことが出来ます。

また、歯科医院で行うお掃除は、かぶせ物や詰め物の縁など隅々まで診ていきますので、普段では見過ごしそうな小さな初期虫歯を発見することが出来ます。虫歯も早い段階で見つけられると治療回数も少なくてすみます。

今すぐには歯科医院でのプロのお掃除を受けることは出来ないかと思いますが、通院出来るような時期が来たときは、是非、受診してきれいにしましょう。

ご自分では気になるところが無くても、定期的にプロのお掃除をして歯をつるつるにしておきましょう。

小さなお子さんの歯磨きを上手に出来ない

2020年3月30日

小さなお子さんをお持ちのお母様から

「歯磨きを嫌がってさせてくれない。どうしたら良いか」

と質問を受ける事が多くあります。

そもそも歯磨きの必要性がわからない赤ちゃんにとって口の中に異物を入れられる事が不快で仕方ないのです。

人の身体は中心に向かって感覚が敏感になります。指、腕、肩、頬、口と中心になるにつれて敏感になるのです。赤ちゃんのうちから頬に触る、くちびるに触るなど、触れられる事に慣らす必要がありますがそれで歯ブラシが好きになってくれる訳ではありません。

触られる感覚には慣れるかもしれませんが、歯磨きの必要性が分からない赤ちゃんにとって歯磨きは嫌な事のままです。

では歯磨きが好きになるにはどうしたら良いのでしょうか??

一歳くらいになると人の真似をするのが大好きなお子さんが増えます。言葉や行動で親御さんの真似をしてビックリさせる事もあります。

そこで、子供の前で楽しく歯磨きをする姿をよく見せるようにします。

パパ、ママ、お兄ちゃん、お姉ちゃんなど家族みんなで歯磨きをするのです。初めは何をしているのかわからないお子さんでも、『パパとママが楽しそうにやっているな。』『自分も出来るよ、すごいでしょ。』と真似をするようになります。そんな時に少し大げさくらいに褒めてあげます。すると、『歯磨きをすると褒められる』、『嬉しいからやる。』となり歯を磨く習慣が身についてきます。

少し成長して歯磨きの必要性がわかる頃には歯を磨く習慣が自然に身について行くようになります。

ただの真似っこ遊びから歯磨きの習慣に結びつくには意外と時間はかかりません。

歯磨きは家族揃って楽しく磨く。

これを子供の歯磨きの新定番にしてみましょう。

ただし、本人の真似っこ歯磨きだけでは不足ですので仕上げ磨きを心がけましょう。

歯の痛み

2020年3月18日

歯の痛みに襲われると食事が取れなくなったり、酷い場合は夜も眠れず何日もくるしむことがあります。そもそも何故歯は痛くなるのでしょうか?

歯が痛くなる1番の原因はムシ歯です。

ムシ歯は硬い組織であるエナメル質から徐々に進行し、柔らかい組織である象牙質に到達します。象牙質は象牙細管という細い隙間が空いており、外部の刺激を歯の中の神経に伝える構造になっています。この時点のムシ歯で甘い物を食べた時、冷たいものを飲んだ時に痛みを感じるのはその為です。

さらにムシ歯が進行し、神経までたっするとダイレクトに外部刺激が伝わるようになり猛烈な痛みを伴います。この状態が、痛み止めも効かず、どこが痛いか分からないぐらいの痛み(放散痛)を生じます。歯の痛みで一番痛い痛みです。

しばらくすると外部の刺激に神経が負けてしまい壊死(腐る)してしまいます。壊死した神経は痛みを感じる事が出来ませんので痛みは楽になり、治ったと思ってしまう方もいるかもしれません。しかし、壊死した神経を放置し治療を行わないでいると、歯の中で感染を引き起こし歯の根を侵襲していきます。やがて感染が広がり歯の根の周囲に炎症が広がり(根尖性歯周炎)腫れをともなった痛みとなって襲いかかります。歯ぐきが腫れるだけで無く場合によっては顔面が腫れてしまうこともあり、発熱を起こすこともあります。

さらに放置すると歯自体を残すことが困難になり、抜歯しなくてはいけません。ムシ歯で歯を抜かなくてはいけなくなる時は、このように長いこと放置した結果が多いです。

また、歯の痛みはムシ歯の痛みだけでなく、歯周病が進んだ歯は歯茎の損傷、歯が動く事による痛みを伴います。

その他、顎関節症などの口を動かす筋肉の痛み、歯の周りにある神経の痛み(知覚過敏)、歯が原因では無い痛みなどがあります。病的な事が何もないにもかかわらず歯が痛いと感じてしまう心因性の痛みもあります。

歯が痛いといっても様々な原因、段階がありますので少しでも痛みを感じたら放置する事なくご相談下さい。

コロナウィルス感染予防対策

2020年3月6日

いろいろなところでコロナウィルスの影響が出ていますが、皆さんも対応に追われて大変かと思います。

そこで当院での対策のご紹介です。

当院では院内に入ってすぐのところに手指のアルコール消毒を設置しております。ご来院の際はご使用下さい。

また、パウダールームを設けており、うがいも出来るよう紙コップも常備しています。診療前後の手洗いうがいもおすすめしております。

空気清浄機や加湿器も設置しております。

当院は国で定められた

院内感染防止策の施設基準(歯初診)

を満たしています。

1.口腔内で使用する歯科医療機器等について、患者ごとの交換や専用の機器を用いた洗浄・滅菌処理を徹底する等十分な院内感染防止策をこうじていること。

2.感染症患者に対する歯科診療に対応する体制を確保していること。

3.歯科外来診療の院内感染防止策にかかる研修を4年に1回以上、定期的に受講している常勤の歯科医師が1名以上配置されていること。

4.年に1回、院内感染対策の実施状況などについて、地方厚生局長に報告をしていること。

上記を満たしています。

その他、

患者さんの不安や緊張、ストレスなどによって、治療中に体調が悪くなるなど、万一の緊急事態が起こった場合に対応できる施設基準(外来環)

も満たしており、この基準の中に「歯科用吸引装置などにより、歯科ユニット(診療台)毎に歯牙の切削や義歯の調整、歯の被せ物の調整時などに飛散する細かな物質を吸収できる環境」という項目があります。

当院ではこの口腔外バキュージュを各ユニット(診療台)に設置しているため、削りかすなどが周りに飛び散らないようにすることで院内の空気をきれいに保ち、飛沫感染への予防にもつとめています。

診療後のユニット(診療台)の消毒や手すり等の消毒も心がけています。

皆さんに安心して治療を受けてもらえるようつとめておりますので、気になることがあればお申し付け下さい。

口臭の原因・治療

2020年2月26日

口臭の原因は4つに分けられます。

1.口の中の原因

歯周病、ムシ歯、不良補綴物(隙間の空いた被せ物や段差のある詰め物)、口の乾燥、清掃不良など。

なかでも口臭に1番関連が深いのが歯周病です。歯周病により深くなった歯周ポケットの中は細菌の格好の住みかになります。細菌の中でも歯周ポケット内に潜む嫌気性菌は代謝の過程で硫化水素やメチルメルカプタンを産生し、強烈な臭いを発生させます。

2.全身疾患

呼吸器系、消化器系、耳鼻咽喉系、咽頭、気管支、肺のカンジタ感染、糖尿病、肝硬変、肝臓癌など。

それぞれの疾患には特異的な臭いがあり、専門医は嗅ぎ分けられると言われています。

3.食餌性

ニンニク、ニラ、ネギ、らっきょうなどの臭いの強いも、アルコールや喫煙、コーヒーなどの嗜好品は胃の中で消化され血液を介して全身に循環し肺を経由して吐き出され強い臭いを発します。

4.生理的口臭

朝起床時や空腹時、ホルモンバランス、成長期などに発します。

口臭は健康のバロメーターになります。

生理的な口臭もあるので、あまり神経質になる必要はありませんが、お口の中に問題が多くある場合、解決する事が出来ます。あまり悩まずご相談下さい。

では口からくる口臭はどのように治療していくのでしょうか。

まずは歯周病の治療を行います。歯の周りに付着した歯石を除去し、歯茎の炎症をおさえます。重度の歯周病の場合は1度に歯石を除去して終わりというわけには行きません。歯の上に着いた歯石を除去した後に麻酔をして歯茎の中に付着した歯石を除去します。それでも改善が見られない場合は外科処置をすることもあります。

歯石を除去し炎症が治まったからと言って今までと同じ清掃状態では同じ事の繰り返しになってしまいます。そこで、歯科衛生士や歯科医師が正しい歯磨きのやり方を指導します。歯周病は生活習慣病ともいわれ、日々の自分の努力が重要になります。

歯周病治療と並行してムシ歯や不適合な被せ物の治療を行い、汚れが溜まりにくいお口の中を作っていく事も重要です。

お口の乾燥も口臭の原因にもなりますので、口腔乾燥に対する治療や、お口がポカンと空いてしまうような方にはお口周りの筋肉を鍛えてお口を閉じる訓練をします。

口臭の原因が口の中のトラブルの場合はこのような治療で改善する事がほとんどですが、口臭が強い方は口の中の問題だけではなく、全身状態も関係してくる事が多いため簡単にとは行きません。

原因となる事を1つずつ潰していく事が重要です。

気になる事は1人で悩まずご相談ください。

神経に到達したムシ歯の治療

2020年2月17日

こんにちは、ここなつ歯科です。

今日はとても暖かいですね。春一番も吹くとか。花粉も飛び始めているようで皆さん、対策は大丈夫でしょうか?

さて、今日は神経に到達したむし歯の治療の話です。

残念ながらムシ歯が大きく、歯の神経(歯髄)に到達してしまった場合は神経をとる処置をする必要があります。

神経をとる際はまず歯に局所麻酔をします。

歯科の局所麻酔は苦手な方が多いと思います。ここなつ歯科では麻酔時の痛みを出来るだけ軽減するために、いくつか工夫しています。注射の痛みは大きく分けて二つ。針を刺すときの痛みと、中の液つまり異物(麻酔薬)が体の中に入るときの痛みです。そこで針を刺すときの痛みを軽減するために、表面麻酔を塗ります。口の中の粘膜の表面をしびれさせることで針の痛みを軽減させます。また、針を通常より細い物を使っています。細くすることで刺すときの痛みが少し減ります。次に異物が入る時の痛みに対してです。これは一気に力強く入れると痛みが強く出ます。出来るだけゆっくりと一定の速度で入れることで痛みを減らすことが出来ます。そこで、ここなつ歯科では電動の注入器を使って、一定の速度でゆっくりと入れていきます。従来の麻酔に比べ、痛みの度合いはかなり少なくなります。

麻酔後、麻酔がしっかりと効くのを待ち、痛みを感じない事を確認したらムシ歯の部分を削り歯の神経を細い針のような器具を使って抜いていきます。その後感染してしまっている部分などを綺麗に清掃します。感染の度合いにもよりますが根の治療には3~4回の通院が必要になります。

歯の神経が入っていた部分はかなり狭く肉眼で確認するのは不可能に近く、器具を入れる感覚で治療していきます。ここなつ歯科ではより正確に治療が行えるようマイクロスコープ(顕微鏡)を使い、見える治療をしています。その他にも歯の根の長さを図る機械、歯の根の中を超音波の振動で綺麗にする器具などを使用し、よりよい根の治療を行います。

歯の根の中の感染を除去したら防腐剤をしっかりと詰めて被せ物の処置に移行します。

歯の根の治療には回数がかかるので面倒だと考えられる方も多いですが、複雑な歯の根の治療は歯を長持ちさせるために大変重要です。

わからない事は歯科医師にご相談下さい。

むし歯や歯周病の遺伝

2020年2月3日

こんにちは。ここなつ歯科です。

今日は節分。豆まきの準備は出来てますか?お父さん、鬼役の準備は出来てますか?昨日、うちのマンションでは全身黒タイツにアフロヘアで鬼の仮面をつけたお父さんが、家に入るタイミングを見計らってスタンバイしていました。世の中のお父さんは大変です。今では恵方巻きを食べるのも習慣になってきていますね。

さて、今回のテーマは「むし歯や歯周病に遺伝はあるか?」です。皆さんどう思いますか?

そもそも、お口の中には500〜900種類の常在菌がいると言われています。そうです。誰でも口の中に細菌がいるのです。その中で虫歯菌が多い人、歯周病菌が多い人、また、それぞれの菌が活動する場所があるか無いかによって、その人の口の中が決まります。

産まれたての赤ちゃんは無菌の状態です。成長とともに色々な菌と接して免疫力がついてきます。口の中ももちろん無菌の状態で産まれてきます。そこに接触の多い親御さんの菌、同じ食器を使ったり、スプーン・箸を使ったりなどでお子さんの口の中の菌が決まってきます。

また、例えばお母さんが間食の多い人だとします。お母さんがお菓子を食べる時にお子さんも一緒に欲しがって食べるでしょう。そうすると口の中が常に酸性に傾き、むし歯になりやすい環境になります。

歯ブラシをあまりしないご家庭では、いくらお子さんに「歯を磨きなさい」と言っても、ご家族でその習慣がないと子供も歯ブラシをしません。歯ブラシをすることは楽しいのだよ、とお子さんと一緒に歯を磨きましょう。

このように同じ時間を長く過ごす人、同じ生活習慣を送っている人と口の中は似通ってきます。

つまり虫歯や歯周病に遺伝があるわけでは無いのですが、親御さんに虫歯が多い人はお子さんも虫歯が多いことがあります。

お子さんの口の中を守るにはまず、親御さんの口の中をキレイにしましょう。

特にお母さんは出産後、子育てに追われ自分のことは後回しになってしまいます。まずは出産前に出来ること、むし歯があればむし歯の治療はもちろん歯のクリーニングもしっかりやっておきましょう。そして子供が生まれてからも一緒に通える歯医者さんを見つけられると良いですね。

お子さんと一緒に楽しく歯医者さんに通って予防をしていきましょう。

虫歯の治療方法 自然界に存在するフッ素

2020年1月28日

虫歯の治療方法

ムシ歯の治療は大きく分けて、歯の神経に到達しているか否かで治療方法が変わります。

比較的初期のムシ歯で、神経にムシ歯が到達していない場合は、ムシ歯になってしまった歯質を専用のタービンという器具で削り取ります。タービンはキーンと大きな音がなり、歯科治療が苦手になる原因の1つだという方が多くいます。ここなつ歯科では減速タービンと言うものを使用し、なるべく音や振動が少なくてすむよう治療しています。

ムシ歯になってしまった部分は残念ながらムシ歯を取る方法しか治療法がありません。ムシ歯の部分を取り除いたらレジンと言われる樹脂で詰めたり、型をとり金属の詰め物を入れます。

小さなムシ歯の場合は樹脂を使った処置が一般的ですが、ムシ歯が大きかったり、範囲が広い場合には樹脂ではなく金属で対応することがほとんどです。

保健の治療では金属の詰め物(銀歯)になってしまいますが、自費の詰め物で白くしなやかな詰め物を入れる事が出来ます。自費と言うとかなり高いイメージを持つ方が多いと思いますが、費用を抑えた治療方法もありますので歯科医師と良く相談し治療方法を決めましょう。

自然界に存在するフッ素

以前、フッ素についてお話ししましたが、市販されているフッ素剤の他に自然界にもフッ素が存在しているのはご存知ですか?

販売されているフッ素入り歯磨き剤のフッ素含有量は300〜1500ppmですが、沼や川にも0.05〜2.0ppmほど含まれており、月の土にもフッ素が含まれているそうです。

濃度が高いフッ素は私達が口にする食べ物にも含まれています。比較的多く含まれている食材は食塩、魚介類、乳製品ですが、なかでもずば抜けて含有量が多いのが緑茶です。

緑茶の葉そのもののフッ素含有量は200〜400ppmと高く、抽出したお茶でも0.5〜2.0ppmとなかなかのものです。

市販のフッ素剤に比べれば濃度は低いですが、食事の際の飲み物をジュースから緑茶に変えてムシ歯予防をしてみましょう。

1 2