ブログ|流山市東初石・おおたかの森の歯医者|ここなつ歯科

  • アーカイブ

  • カテゴリー

歯を磨くタイミング

2020年1月12日

みなさん、歯はいつ磨いてますか?「食後は歯を磨きましょう」と子供のころに習ったかたも多いかと思います。そもそも、歯を磨くとは何をしているのでしょう?

「食後は歯を磨きましょう」と子供のころに習ったかたも多いかと思います。そもそも、歯を磨くとは何をしているのでしょう?

もう一つ子供の頃に言われたこと。「外から帰ったら手洗い、うがいをしましょう」と習いましたよね。これは何をしているのですか?そうです。風邪をひいたりしないように、ばい菌を落としているのです。

つまり歯ブラシも食べカスを取るのはもちろんですが、口の中の細菌を減らすためにしているのです。口の中には誰しも500~900種類の常在菌がいます。

これらの菌が活発に活動するのはどういう時だと思いますか?これは唾液の量が少ないときに活発な活動をします。

では、唾液が少ない時間とはいつだと思いますか?そう、寝ているときです。食事をしているとき、起きているときは刺激を受け唾液が分泌されます。寝ているときは唾液分泌量が減り、口の中の細菌は活発に活動するのです。

そのように考えていくと、おのずと歯ブラシをいつするのが有効か分かってきますね。

そう、一日の中で最も重要なのは、寝る前と朝起きてすぐに磨くのが大切なのです。

夕食後、歯ブラシをした後、コーヒーを飲んだりしていませんか?朝ご飯を抜いたとき、最初に歯ブラシをするのが、昼食後になっていませんか?

日本では「1日3回、食後は歯を磨きましょう」と習いますが、国によってこの風習が違います。

歯ブラシは朝と夜にするもので、食後はトゥースピック(爪楊枝のような物)を用いて食べカスを取ると教育される国もあります。

だからといって食後は歯を磨かなくても良いとは思いません。もちろんそれは続けてもらい、特に寝る前と朝起きたときは念入りに磨いていただけると虫歯、歯周予防につながると思います。

是非、皆さんの生活にも取り入れてみてください。

余談ではありますが、先ほど唾液が少ないとむし歯になりやすいと説明しましたが、昼間口をポカンと開けてテレビを見ていたり、年齢とともに唾液の量が減ってくると、同じくむし歯や歯周病になりやすくなります。気になる方はかかりつけの歯科医に相談してみて下さい。

子供のフッ素、大人のフッ素

2020年1月5日

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

さて今回は、フッ素についてお話していきたいと思います。

フッ素の効果

フッ素は歯に良いと言われますが何故フッ素が良いのか知っていますか?

フッ素には大きく3つの働きがあります。

①歯質の強化

②歯の再石灰化

③ムシ歯の抑制

①の歯質の強化とは、歯の表面のエナメル質にフッ素が入り込み歯を強くしてくれます。

②の歯の再石灰化とは、ムシ歯菌が出す酸で歯のカルシウムやリンが溶けてしまった歯の表面に硬い組織を作ります。

③のムシ歯菌の抑制は、ムシ歯菌が作り出す酸を抑えます。

この作用が複雑に働きムシ歯を抑制してくれます。日々の歯ブラシにフッ素が含まれた歯磨剤を使う事がおすすめです。また、フッ素の濃度も重要ですので購入する際にはフッ素濃度にも注目して下さい。

フッ素の濃度

フッ素の濃度ですが、一般的な歯磨剤等に含まれるフッ素の濃度は500〜1500ppmです。フッ素の濃度が高い方が、効果が高いと言われていますが、年齢やお口の環境によって濃度を選択します。

6歳以下のお子さんにはフッ素濃度が1000ppm以下の物を使います。小さなお子さんの場合、フッ素濃度が高い物を長期間過剰に摂取するとフッ素症という歯の表面に白い不透明斑が現れる事もあります。このような症状を防ぐためにも自分に合ったフッ素濃度の歯磨剤等を選ぶ必要があります。

また、フッ素は長時間、歯にとどませることが効果的な使い方です。正しい濃度、正しい使い方を歯科医師、歯科衛生士から指導を受けましょう。

大人のフッ素

フッ素は子供のムシ歯予防と思われている方が多いのですが、大人のムシ歯予防にも効果があります。年齢を重ねる事により歯茎が下がり歯の根が露出する事があります。歯の頭の部分の表面はエナメル質という硬い物質で構成されていますが、歯の根元は象牙質という柔らかい物質で出来ています。エナメル質に比べて象牙質は柔らかいためムシ歯になりやすく、ムシ歯になると進行も早いのが特徴です。

そんな大人ムシ歯を防ぐためにもフッ素は効果的です。

お子さんのフッ素と同じように大人も上手にフッ素を取り入れましょう。

インフルエンザ予防歯磨き

2019年12月23日

今年もインフルエンザが大流行していますね。我が家の子は2回目のインフルエンザワクチンの予防摂取をワクチンが不足しているため断られてしまいました。

インフルエンザの予防方法といえば手洗い・うがい・マスクの着用が推奨されています。それ以外にも、体の抵抗力を強くするために充分な栄養と睡眠を取ることも大切です。また、不用意に人混みに近づかない事もひとつですね。

そんな予防法の新たな1つとして歯の治療、お口の清掃が推奨されはじめています。

口の中の細菌はプロテアーゼ、ノイラミニダーゼという酵素をつくります。プロテアーゼ、ノイラミニダーゼはインフルエンザウイルスが体内に侵入するのを容易にしてしまいます。

お口の清掃状態が不良で細菌が増殖しているとインフルエンザウイルスが体内に侵入しやすくなり、発症しやすくなってしまいまうという事です。

実際に、介護施設や学校で歯科衛生士による歯磨き指導を行ったところ、9割程度インフルエンザの発症を抑えられたという報告もあります。

では、インフルエンザ予防に効果的な歯磨きとはどのようなものなのでしょうか。

① 就寝前の歯磨き

就寝時は唾液量が減少し細菌が繁殖しやすくなるため、歯ブラシだけではなく、歯間ブラシや洗口剤なども併用して口の中の菌が少ない状態を作りましょう。

② 起床時の歯磨き

寝ている間は唾液量が減少するため、細菌が増殖しやすくなります。歯磨きをしないまま朝食を食べると、食べ物と一緒にウイルスや細菌を体の中に入れてしまう危険性があります。

③ 頬っぺたや舌も清潔に保つ

細菌は歯だけではなくお口全体に生息しています。歯を磨くだけでなく、舌もブラシで軽く磨き、洗口剤などで頬っぺたに付いた細菌も洗い流しましょう。

④ 歯ブラシの交換は1か月に1回程度に

お口の汚れを落とすのが目的である歯ブラシは不潔になりやすく、管理方法次第では菌の温床になってしまいます。定期的な歯ブラシ交換と使用後はしっかりと乾かす事が重要です。

お口の中を清潔に保つ事はムシ歯の予防だけでなく全身の健康を守る事につながります。

ぜひ実践してみてください。

子供の歯磨き

2019年12月20日

乳幼児の歯磨き

「歯ブラシはいつから始めれば良いですか?」という質問をされる事が多くあります。歯ブラシは歯が生えたら始めて頂きたいところですが、嫌がってバタバタ動く小さな赤ちゃんを押さえつけて口を開けるのは無理があります。赤ちゃんの口の中は唾液が多くムシ歯のリスクは低いので、軽くガーゼで拭う程度でも大丈夫です。離乳食が始まりいろいろな食べ物が口に入るようになると歯ブラシで磨く事も必要になります。歯みがきの仕方がわからない、怖いという方は一度ご相談下さい。

子供の歯ブラシの選び方

子供の歯ブラシの選び方について、小さなお子さんの歯ブラシはどのように選んでいますか?歯が生え始め離乳食が始まると歯ブラシの必要性が出てきます。子供用の歯ブラシは、成長に合わせた物が販売されています。年齢に合わせた歯ブラシを選択する事が重要ですが、前にお話ししたように歯の生え方には、個人差があります。今使っている歯ブラシがお子さんに合っているのか?心配な方はご相談下さい。お口の成長に合わせた歯ブラシを選択します。

小さなお子さんの歯磨き

歩き始めは子供の歯ブラシって大変じゃないですか?一生懸命に磨こうとしてもバタバタと走り回ってしまい、捕まえて磨こうとしてもまた逃げて…。押さえつけてゴシゴシ磨いてしまうとお子さんはますます嫌がって歯ブラシが嫌いになってしまいます。歯ブラシを持って歩き回ってしまうお子さんは転んだりぶつけたりして大変な危険を伴いますので、グリップの部分が柔らかく、くわえて歩いても安全な歯ブラシを選びましょう。また、一歳くらいのお子さんはお母さんの真似をするのが大好きです。お母さんが楽しく歯ブラシで歯を磨くところを見せると真似して磨くようになります。お風呂の湯船に浸かりながら楽しく愉快に磨くのも効果的です。大変な子育ての毎日ですが歯ブラシも楽しく取り入れてみて下さい。

当院には毎週火曜日、大学病院から小児歯科の先生が来てくれています。お子さんの歯で悩み事、分からないことなどありましたら、ご相談ください。

歯の生える時期

2019年12月16日

歯の生える時期 初めて育児をしていると子供の歯がいつ生えてくるのかとても気になりますね。多くの赤ちゃんは下の前歯から生え始めます。早く生える子は4ヶ月くらいから、一般的には5〜6ヶ月に生えてくると言われています。

ネットなどで簡単に調べる事ができる今の時代、ウチの子は歯が生えるのが遅い?と心配するお母さんもたくさんいる事でしょう。しかし、歯の生える時期にはかなり個人差があるのでそこまで気にする事はありません。

1歳近くなっても歯が1本も生えてこない場合にはいちど専門家に診てもらうことも有効かと思います。

歯の生える時期ついてお話ししましたが、これは本当に個人差が大きいです。多くの場合、下の前歯から生えてくることが多いのですが、上の前歯が生えてきたり、下の真ん中から2番目のはが生えてくる子もいます。

歯の生える順番をそこまで気にする必要は無いのですが、将来的に生えてくる歯の本数が少ないこともあります。

心配な場合はかかりつけ歯科医院で一度ご相談下さい。

ブログを始めます

2019年12月13日

当院では皆さんの少しでもお役に立てるよう歯の情報をブログにアップして行ければと考えています。

よろしくお願いいたします。

1 2 3